廃車をリサイクルして、資源の有効活用。エコロジーな環境づくりを、埼玉から始めましょう! 廃車をリサイクルして、資源の有効活用。エコロジーな環境づくりを、埼玉から始めましょう!
こちらのホームページは、埼玉・埼玉近郊でご自分の愛車を「廃車にしたい」、「廃車買取の会社に依頼したい」と考えている方々向けに作成、公開している情報サイトです。 こちらのホームページは、埼玉・埼玉近郊でご自分の愛車を「廃車にしたい」、「廃車買取の会社に依頼したい」と考えている方々向けに作成、公開している情報サイトです。
[埼玉の廃車買取]サイト参加企業を募集中!!

最新情報

2014.02.10
埼玉の廃車買取を運営している、セカンドエイト(株)は、2月1日(土)に会社を移転しましたのでお知らせ致します。移転先の住所は、運営会社のページでご覧ください。
2013.04.30
埼玉の廃車買取・引き取り・手続き・見積【埼玉の廃車買取】サイト、参加企業の募集ページを公開。
2013.04.25
セカンドページを公開しました。
2013.04.08
埼玉の廃車買取・引き取り・手続き・見積【埼玉の廃車買取】サイト、参加企業の募集ページを制作中。
2013.03.21
埼玉の廃車買取・引き取り・手続き・見積【埼玉の廃車買取】サイト、TOPページに『埼玉の名称について』を追加。
2013.03.01
埼玉の廃車買取・引き取り・手続き・見積【埼玉の廃車買取】サイト、セカンドページを公開。
2013.02.07
埼玉の廃車買取・引き取り・手続き・見積【埼玉の廃車買取】サイトは、セカンドページを制作中。
2013.02.07
埼玉で廃車の買取・引き取り・手続き・見積もりを検討中なら【埼玉の廃車買取】。ホームページを公開しました。
Content Menu
  • HOME
  • 埼玉で初めて廃車にされる方
  • 廃車の見積いくらで売れる
  • 埼玉及び埼玉近郊、自分で廃車にするなら
  • 廃車買取業者の選び方
  • 埼玉の運輸局
  • 埼玉の廃車買取会社一覧
  • 廃車査定フォーム
  • 個人情報保護方針
  • お問合せ
  • 運営会社

最新情報

2014.02.10
埼玉の廃車買取を運営している、セカンドエイト(株)は、2月1日(土)に会社を移転しましたのでお知らせ致します。移転先の住所は、運営会社のページでご覧ください。
2013.04.30
埼玉の廃車買取・引き取り・手続き・見積【埼玉の廃車買取】サイト、参加企業の募集ページを公開。
2013.04.25
セカンドページを公開しました。
2013.04.08
埼玉の廃車買取・引き取り・手続き・見積【埼玉の廃車買取】サイト、参加企業の募集ページを制作中。
2013.03.21
埼玉の廃車買取・引き取り・手続き・見積【埼玉の廃車買取】サイト、TOPページに『埼玉の名称について』を追加。
2013.03.01
埼玉の廃車買取・引き取り・手続き・見積【埼玉の廃車買取】サイト、セカンドページを公開。
2013.02.07
埼玉の廃車買取・引き取り・手続き・見積【埼玉の廃車買取】サイトは、セカンドページを制作中。
2013.02.07
埼玉で廃車の買取・引き取り・手続き・見積もりを検討中なら【埼玉の廃車買取】。ホームページを公開しました。

下記の埼玉及び埼玉近郊エリアで、廃車買取や廃車の手続きを希望される方は掲載している会社にご確認ください。

  • さいたま市
  • 川口
  • 上尾
  • 朝霞
  • 所沢
  • 川越
  • 東松山
  • 秩父
  • 熊谷
  • 本庄
  • 行田
  • 春日部

こちらのホームページは、埼玉・埼玉近郊でご自分の愛車を「廃車にしたい」、「廃車買取の会社に依頼したい」と考えている方々向けに作成、公開している情報サイトです。

廃車としての下取価格は、ディーラーそれとも専門業者

埼玉及び埼玉近郊で車購入時、今乗っている車を、廃車として下取りすることが多いと思います。
「車を廃車として下取してもらうと、新しく自動車購入時に下取の価格を引いて契約できる」、「下取の価格分で、オプションパーツや商品を付けてくれる」など、自動車の販売会社はサービスを前面に。
これは、果たしてお客様が得をしているのでしょうか?
自動車の下取り価格は、正しく査定されているのでしょうか?
廃車として下取り金額が適正な価格で提示されているかは、具体的な下取り金額と廃車の買取金額の比較をしなければわかりません。
埼玉の廃車買取では、皆さんの自動車が適正な料金及び、できましたら高く買取ってもらえるように、廃車の買取、廃車の引き取り料金を判断することができる情報を、ホームページで公開しています。

また、埼玉及び埼玉近郊の廃車買取を行う会社を紹介していますので、各社のホームページで内容を確認して、お問合せの等にご利用頂ければ幸いです。

愛車の廃車、廃車は売れる時代

不要になった車、車検切れの車、不動車、事故車、過走行車、低年式車を埼玉及び埼玉近郊でお持ちの方は、処分料金を支払って業者に廃車の依頼をすると思っていませんか?
車の処分、廃車は売れる時代!
業者の買取価格は、埼玉及び埼玉近郊の会社によって異なります。
なぜなら買取った後の処分の方法が、リサイクルパーツとして流通販売される、鉄や金属、プラスチックに分類されて適正な処理を行う会社、または、廃車として買取だけ行い、後は許認可をもつ専門業者に委託する買取会社とでは、廃車の買取金額がそれらの各会社で違うからです。

廃車も再資源化(リサイクル)されます

廃車=そのまま、鉄屑としてスクラップ、そんなイメージはありませんか?
確かに自動車の廃車は、最終工程でスクラップされますが、
スクラップまでには下記の通り、様々な工程があります。

利用可能な部品の取り外し→シュレッダーダスト、フロンガス類、エアバック類の処理→車の解体→スクラップ 利用可能な部品の取り外し→シュレッダーダスト、フロンガス類、エアバック類の処理→車の解体→スクラップ

取り外された自動車の部品は、
リサイクル部品や鉄資源として再利用(リサイクル)。
この車は廃車?それとも中古車?

廃車として業者に買取ってもらう場合、上記の処理を経て車が生涯を終え、廃車として依頼する場合は、中古車として車の市場にでることはできません。
しかし、中には廃車買取の価格で買取した後、中古車として販売を行う会社もあります。
廃車として業者に買取ってもらうか、中古車として買取ってもらうかでは、
査定金額が大きく異なり、埼玉で業者に買取ってもらう際は必ずご確認ください。
安心できる、廃車の買取業者を選ぶには
愛車の廃車は、自動車ディーラー・自動車整備工場・中古車の買取会社、
廃車買取専門の会社・・・・。
廃車は、どこに依頼すれば一番お得となるのでしょうか。
自動車ディーラーや自動車整備工場、中古車の買取会社は、自動車流通の最後が、正式に許認可を受けた自動車解体業者のところへ依頼します。
この場合、もちろん中間のマージンがかかるので、本来ならば廃車を業者に依頼することで、買取金額が頂けるケースでも、この中間マージンがあるために、廃車の買取金額が頂けなかったり、逆に、廃車処分を依頼することで、手数料を支払う場合があります。
つまり、自動車を最終的に処分する会社、解体業者に最初から直接依頼したほうが廃車処分の費用が合理的に安く行うことができます。

また、埼玉県、埼玉にもたくさんの廃車買取の会社はあり、その中で自動車を解体することができるのは、地方自治体から正式に許認可を受ける、自動車解体業者だけです。
なぜかと言うと、自動車のリサイクル部品であるカーエアコンやフロンガスの処理、エアバッグの処理など、専門の解体工場に設備が整っていないと、適正な廃車の処理ができないからです。
このように、安心・信頼して廃車処分できるシステム、適正処理のできる工場を持っている、専門の廃車買取業者の利用を当サイトはお勧めします。

埼玉の名称について

埼玉の地名の発祥地は、北埼玉郡埼玉(さきたま)村(現:行田市大字埼玉)。
その名称の由来は諸説あり、埼玉古墳群が由来とする説や、幸福をもたらす
神の働きを意味する「幸魂」(さきみたま)から名づけられたとする説、
奈良時代の『万葉集』に「前玉」「佐吉多万」(さきたま)という記述があります。

埼玉の基本情報、人口・世帯数
平成24年12月1日現在の推計人口は、720万人で、男性が361万人、
女性が360万人となっています。世帯数は287万世帯です。
埼玉県民の鳥 シラコバト
ハト科に属しシラバト、ノバトなどとも呼ばれ、山鳩(キジバト)の仲間だが、
やや小型で尾だけが長く、ほっそりしています。
昭和40年11月3日に県民の鳥に指定。
埼玉県の木 ケヤキ
ニレ科の落葉樹で春に新しい葉とともに、うすい黄緑色の小さな花をひらく。
埼玉県内に古くから自生し、「清河寺の大ケヤキ(さいたま市)」をはじめ、
各地に県の天然記念物に指定されたケヤキがあります。
昭和41年9月5日に県の木に指定。
埼玉県の花 サクラソウ
サクラソウ科に属する多年草で、川のほとりや野原に自生し、春先にハート形の
花びらの花を咲かせる。埼玉県内でも、かつては荒川沿岸に広く自生していたそうです。
和46年11月5日に県の花に指定。

埼玉及び埼玉近郊で廃車の買取や手続きができる会社へ

埼玉及び埼玉近郊で廃車の買取や手続きができる会社

埼玉県のさいたま市、川口、川越、所沢、越谷、草加で廃車の買取や廃車の手続き、
廃車の引取については、お気軽にお問合せ下さい。

ページの先頭へ